Monosnap

スクリーンショット画像に矢印や注釈・コメントを挿入するMonosnap

Monosnap-iconMac OS X で画像矢印注釈・コメント等を挿入するおすすめのMacアプリMonosnapを紹介します。

このアプリは、MacだけではなくWindows版、iPhone版、iPad版、Chrome版があります。

画像にちょっとしたコメント書き込むアプリはSKitchを使用している方が多いのではないでしょうか。私もSkitchを使用していましたが、Evernoteと連携するようになり必ずEvernoteに保存されるようになったため、少し抵抗がありました。

そんなとき、Monosnapの存在を知り一目惚れしました。

Monosnapのインストール

MonosnapはMac App Storeで無料でダウンロードできます。

まずは、Mac App Storeで無料でダウンロード&インストールしましょう。

Monosnap ダウンロード

Monosnapのメニュー

まずは、Monosnapを起動しましょう。
起動すると、Macのメニューバーに雷のようなアイコンが追加されますので、それをクリックすると下画像のようなメニューが表示されます。
Monosnap-Menu

  1. Capture Areaは、選択してスクリーンショット撮影を行います。
  2. Capture Fullscreenは、画面全体のスクリーンショット撮影を行います。
  3. Open…は、既存の画像ファイルを開きます。

今回は、3つだけ説明します。

Monosnapの使い方

MonosnapのメニューでCapture Area(選択してスクリーンショット撮影)を選択し、ドラッグアンドドロップでスクリーンショットを撮影するとMonsnap画面に撮影されたスクリーンショットが表示します。
その画面が下画像です。

Monosnapの使い方

Monosnapの使い方は左上から、

  • 取り消し(undo)。
  • やり直し(redo)。
  • タイトル名を修正出来ます。
  • Drag me部分をドラッグすると画像が保存されます。
  • 色を選択・修正します。
  • 文字の大きさ・線の太さの選択をします。
  • 矢印・四角・直線・丸・自由曲線。
  • 文字の挿入をします。
  • 文字と矢印の挿入をします。
  • ぼかしを入れます。
  • 画像の切り取りをします。
  • 画像のリサイズをします。
  • 保存します。

SKitchより多機能ですね。

このMonosnapで画像を加工してTinyPNGで画像圧縮すれば、完璧ですね。

⇒ PNG画像を非可逆圧縮で70%近く圧縮するTINYPNG


コメントを残す