Mac-Office

MacのExcelでF2キーを使う設定

KeyRemap4Macbook前回、Windows用キーボードをMacで使用する設定方法を解説しましたが、この設定で快適にMacのキーボードを使用できるようになりました。

実は、Macを使っていてもう2つ不満(キーボード関連での不満)があります。

  1. Excelのセル修正でF2キーが使えない
    MacのExcelではセル修正のショートカットはControl-Uです
  2. Macではカーソルの移動速度が遅い


そこで、「KeyRemap4MacBook」の出番です。
このアプリは、「高機能で安定性も極めて高いMac OS X用のキーボードカスタマイズツール。」だそうです。

KeyRemap4MacBookでExcelのF2キーを設定

  1. まずは、KeyRemap4MacBookからツールをダウンロード
  2. KeyRemap4MacBook-x.x.x.dmgをインストール
    Mac OS X 10.8.xの環境では再起動が必要でした。保存していないファイルがあるときは保存してからインストールしてください。
  3. KeyRemap4MacbookMacのLaunchpad(メニュー)からKeyRemap4MacBook(右写真)を選択
  4. KeyRemap4MacBookの設定画面から「Misc & Uninstall」タブを選択、「Open private.xml」を押下
    privat.xml編集
  5. Finderが開くので、テキストエディターでprivate.xmlを開く
    private.xmlをエディターで開く
  6. private.xmlを以下の設定を追加して保存
    <?xml version="1.0"?>
    <root>
         <list>
              <item>
                   <name>Excel F2</name>
                   <identifier>private.app_excel_f2</identifier>
                   <only>EXCEL</only>
                   <autogen>--KeyToKey-- KeyCode::F2, KeyCode::U, ModifierFlag::CONTROL_L</autogen>
              </item>
         </list>
    </root>
    
  7. KeyRemap4MacBookの設定画面から「Change Key」タブを選択、「ReloadXML」を押下
  8. 「remapping-Excel F2」が追加されるので、チェックON
    XML読み込み、Excel F2チェック
  9. ExcelでF2が使用できる確認

これで、Excelのセル修正コマンドがControl-Uではなく、F2キーで出来るようになります。

KeyRemap4MacBookでカーソルの移動速度を高速化する設定

次は、KeyRemap4MacBookでカーソルの移動速度を高速化する設定方法です。

  1. KeyRemap4MacBookの設定画面から「Key Repeat」タブを選択
  2. Key Repeatのvalueを適当な数に修正
    数字が少なくなるほどカーソル速度は速くなる。私は「35」に設定しました。
    Mac カーソルキーの高速化
  3. エディター等でカーソルの移動速度が高速化されているか確認

これで、設定は完了です。Macの環境が一段と良くなりました。

キーボード関係で設定することがあれば、また投稿します。


コメントを残す