Mac Safari ページを開けませんでした

MacでSSL接続時「ページを開けません」のエラーが多発

最近、Mac OS X MavericksのSafariでGoogle検索時に「ページを開けません」のエラーが多発していたでの、色々調べて解決しましたのでシェアします。

「ページを開けません」の現象

最近、Safariで「ページを開けません」が多発するようになりました。
何回か、再表示すると表示するのでほっておきましたが、Google検索する度に5〜6回再表示しないと表示しないので重い腰を上げて調べてみました。

まず、現象の確認。

  • このエラーは、Google検索時だけではなく、SSL接続(https接続)時に発生する。
  • Safariだけではなく、Google Chromeでも発生する。
    Chromeでは「SSL接続エラー」と表示される。
    ssl接続エラー
  • 何回か再表示するとページを表示できる。

上記のことから、ブラウザとサーバーの原因ではないことが分かった。

「ページを開けません」の犯人は・・・

何度も再表示しながらGoogle検索してみると、犯人が分かった。
「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac」が原因で「ページを開けません」のエラーが発生していた。

カスペルスキーのサポートには、

カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac がインストールされている環境にて、Google社製アプリケーション「Google Chrome 」バージョン31をご利用の場合、一部の暗号化されたWebサイトへアクセスした際に「SSL コネクションエラー」と表示され、Webページが正しく表示されない場合がある事が確認されています。

Google Chromeだけの問題であるように記述されていますが、Safariでも発生しています。

「ページを開けません」の回避方法

カスペルスキーのサポートには、

回避方法1

保護者による管理をクリック。
kismac_10689_02_ja54-222929-2

保護者による管理が有効となっている場合は、「保護者による管理を無効にする」をクリックします。
kismac_10689_03_ja54-222930-2

回避方法2

環境設定をクリック。
kismac_10689_04_ja54-222931

安全な接続(HTTPS)をチェックをOFFにします。
kismac_10689_05_ja54-222932

カスペルスキーのサポートページに書いてあることはここまでです。

私の環境では、これでも改善しませんでした。

追加で「ウェブ保護を有効にする」をOFFにすると改善できました。


コメントを残す