Google Map

WordPressで地図表示するなら「Simple Map」が断然おすすめ!

企業のホームページには、必ず必要になるのが地図表示です。

WordPressでおすすめの地図表示プラグインは、「Simple Map」です。

今回は、「Simple Map」の特徴や使い方をご紹介します。

「Simple Map」のインストール

「Simple Map」のインストール方法は、プラグインの追加で「Simple Map」で検索します。
一番上に「Simple Map」が表示されるのでクリックしてインストール、有効化しましょう。

インストールは、これで終わりです。簡単ですね!

「Simple Map」特徴

「Simple Map」の特徴は、シンプルなことです。そのままですが、本当にシンプルです。

例えば、下記のように簡単なショートコードを書きます。

[map addr="東京都千代田区永田町1-7"]

とするだけで、下のような地図が表示されます。

東京都千代田区永田町1-7

その他の特徴としては、

  • 1ページに複数の地図を表示することが出来ます。
  • スマホサイトでは、横幅が自動的にリサイズされる。

「Simple Map」の使い方

コード中の「[」と「]」は、全角になっていますが、本来は半角を使用します。

住所から地図を表示する方法

[map addr="東京都千代田区永田町1-7"]

または、

[map]東京都千代田区永田町1-7[map]
東京都千代田区永田町1-7

緯度と経度から地図を表示する方法

[map lat=”35.665455″ lng=”139.846209″]

phpコードから地図を表示する方法

<?php echo do_shortcode('[map addr="東京都千代田区永田町1-7"]'); ?>

地図の幅と高さを指定する方法

標準は、幅が100%で高さが200pxです。

[map addr="東京都千代田区永田町1-7" width="300px" height="100px"]
東京都千代田区永田町1-7

地図の倍率を指定する方法

倍率の標準は、16です。

[map addr="東京都千代田区永田町1-7" zoom="10"]
東京都千代田区永田町1-7

以上で「Simple Map」の使い方は終わりです。
本当にシンプルですね。


「WordPressで地図表示するなら「Simple Map」が断然おすすめ!」への5件のフィードバック

  1. ひとつの地図の中に「Simple Map」のプラグインを使って、2つ以上の複数のPOI(point of interests)のアイコンを表示する方法がありましたら、教えていただけませんでしょうか?

  2. はじめまして、とても役に立つ記事ありがとうごいます

    一つ気になったのですが、緯度経度の所で[map lat=”35.665455″ lng=”139.846209″]をコピペしても上手くいきませんでした
    []のカッコの他にも”←これも関係しているのでしょうか

    私はスクリプトに詳しくないですし、勘違いかもしれませんが、気になったので書き込みさせていただきました。

T にコメントする コメントをキャンセル